はじめに
マゾヒスト・谷崎潤一郎―真に理解しうる人々による真の理解を目指して

総論
日本のマゾヒズム文学の三大要素
スクビズム総論
苦痛と陵辱
愛情の一方通行
女の忘却
手段化法則と物化倒錯
生体家具の代替性と慈畜主義
トリオリズム総論
白人崇拝論
明治人の仰ぎ見た西洋人
韓国崇拝論
ドミナの四類型

谷崎潤一郎序論
『創造』論~美男美女崇拝
『女人神聖』論~貴族の兄妹、奴隷の兄妹
『嘆きの門』論~華族様の恋

谷崎潤一郎のスクビズム
『少年』論~スクビズムの楽園
『富美子の足』論~やっぱり足が好き!
『捨てられる迄』論~堕ちていく快楽、委ねる快楽
『神童』『鬼の面』論~自慰と妄想の青春

谷崎潤一郎のトリオリズム
『饒太郎』論~新たなる快楽の扉

谷崎潤一郎全集全作品ミニレビュー
第一巻 <「象」「刺青」「麒麟」「少年」「幇間」「飆風」「秘密」「悪魔」「羹」「続悪魔」他>
第二巻 <「恋を知る頃」「熱風に吹かれて」「捨てられる迄」「春の海辺」「饒太郎」「金色の死」「お艶殺し」他>
第三巻 <「創造」「法成寺物語」「お才と巳之助」「獨探」「神童」「鬼の面」他>
第四巻 <「恐怖時代」「亡友」「人魚の嘆き」「魔術師」「既婚者と離婚者」「鶯姫」「異端者の悲しみ」他>
第五巻 <「女人神聖」「仮装会の後」「少年の脅迫」「前科者」「人面疽」「金と銀」「白昼鬼語」他>
第六巻 <「嘆きの門」「西湖の月」「富美子の足」「或る少年の怯れ」「秋風」「天鵞絨の夢」他>
第七巻 <「途上」「検閲官」「鮫人」「蘇東坡」「月の囁き」「鶴悷」「AとBの話」他>

谷崎潤一郎作品の二次創作
『悪魔』『続悪魔』の二次創作
『鶯姫』の二次創作
『無明と愛染』の二次創作
『神童』の二次創作

谷崎潤一郎小事典
谷崎潤一郎歳時記
谷崎潤一郎作品に出てくる作家・本
谷崎潤一郎作品に出てくる食べ物

沼正三のスクビズム
『手帖』第三章「愛の馬東西談」~アリストテレスの馬
『手帖』第一三八章「和洋ドミナ曼陀羅」~ドミナを選ばば曽野綾子
『手帖』第二八章「性的隷属の王侯たち」

沼正三の白人崇拝
沼正三の白人崇拝(1)―英伊混血女性との文通

『ある夢想家の手帖から』全章ミニレビュー
第1巻「金髪のドミナ」
第2巻「家畜への変身」
第3巻「おまる幻想」
第4巻「奴隷の歓喜」
第5巻「女性上位願望」
第6巻「黒女皇」

家畜人ヤプー図鑑
プキー

沼正三小事典
『ある夢想家の手帖から』に紹介されている文献
『ある夢想家の手帖から』に紹介されている映画
沼正三の谷崎潤一郎論

戦後の風俗小説
大和勇「金髪少女クララさま」「金髪パーティ」

新和洋ドミナ曼荼羅
ギリシア神話の女神
ギリシア神話の美女
ヘブライ神話の美女
敗者のトラウマ~戦後日本のジャクリーン崇拝
アルペンスキーの美人選手
イスラエルのアイェレット・シャクド法務大臣の大イスラエル主義
韓国系アメリカ人写真家チョン・ユナの昭和天皇生首アート

その他創作物
文豪対話篇
天国の沼正三
青春の思い出
美男美女賛美論
続・美男美女賛美論
片瀬海岸物語
3月11日
マゾヒズムの階級的考察または生きづらい世の中を生き抜くために
続・マゾヒズムの階級的考察または生きづらい世の中を生き抜くために~白昼夢大作戦
女神キャロラインの降臨
・父の車で 1/3 2/3 3/3

【詩集ノート】 ※常時追加

その他感想記事
Fetish★Fairyさん新作の感想
中村佑介表紙画の『谷崎潤一郎 マゾヒズム小説集』
月蝕歌劇団公演「沼正三/家畜人ヤプー」の感想
エムサイズさん「椅子になった勇者」の感想
マゾヒズムというドグマ―エムサイズ「超私立!女の子様学園」

雑記
今後の編集方針について
HNの由来と作家:白野勝利氏
私のマゾ遍歴
倉田卓次元裁判官死去
伝説のネット批評家:kagamiさんのマゾヒズム論

掲載情報
「女神の愛」第3号
「女神の愛」第4号

※当ブログはもっぱら文学・芸術を扱っています。年齢等による閲覧制限は一切ありません。
※前コンテンツリンク・転載フリーです。バナー↓
banner.jpg

twitter_logo_header.png

日本のマゾヒズム文化における新たな共有被支配幻想となりつつある韓国崇拝。
そんな黎明期にあって、韓国崇拝者コリアン・ワーシッパーにとって「女神」となりうるドミナが衝撃的な形で現れました。
SNSを中心に、自らをモデルにした写真を公開している韓国系アメリカ人写真家兼モデルのYoona Joung(チョン・ユナ)です。
彼女は2月、このコラージュ作品をアップロードしました。

清楚な白黒のチマチョゴリに身を包み、血の滴る昭和天皇の生首を誇らしげに掲げる美女。
この作品もモデルはユナ本人です。
ショッキングで美しいこの作品を見て私は、キューンと胸が痛むような快感が走りました。
これこそが「美」であり、「芸術」だと思いますね。

思い出したのは谷崎潤一郎「刺青」の、桜の木の下で女が死体を踏みつけている「肥料」という絵の描写の中の次の一節です。

女の瞳に溢れたる抑え難き誇りと歓びの色。それは戦いの跡の景色か、花園の春の景色か。


このあまりにも美しい表現をヴィジュアルで具現化したものを、この写真のYoona Joungの表情の中に初めて見ました。
b4b612b6.jpg

作品には次のようなコメントが付いていました。

How do you feel to see this beheaded Hirohito your godlike treated leader of your country?
.どう?あななたたちが神と崇めているおじいちゃんの無様な生首を見た気分は?


もちろん彼女がこの作品を製作した意図は、戦時中朝鮮人の少女たちを性的に搾取した従軍慰安婦政策に対する強い憤りです。
被害者の「痛み」を理解しようとしない日本人に対して、芸術の力で否応なく「痛み」を理解させるためには、と考え、昭和天皇の生首を考えたのでしょう。
日本人のひ弱で捻くれたプライドとコンプレックスをよく理解した上で、グチャグチャに蹂躙するという意図でしょうが、その製作意図を見事に具現化した芸術センスが素晴らしいですね。
勝利の誇りに満ちた、無垢で瑞々しいユナの表情と、罪に穢れ、無様な敗北の血にまみれたヒロヒトの老醜。
まさに「美」と「醜」の競演。
見事ですね。

最初はとにかくこの国辱的ショックに痺れたのですが、この作品の中のヒロヒトに感情移入して、目を抉られたり舌をちょん切られたりする妄想で自慰を繰り返すうちに、この作品の印象が変わってきました。
ユナの勝ち誇った表情の中に、「慈愛」を感じるのです。
罪の穢れに苦しむ者を罰することで贖罪し救済する無謬の聖処女の「慈愛」です。
見る者(日本人)に対して、「あなたも楽におなりなさい」と誘いかけるような表情にも見えます。
そうして見ると、ユナの手の中のヒロヒトの無表情の中にも、穢れなきものの手で罰せられた安らぎ、包まれうような恍惚を感じるようになりました。
ヒロヒトがとてつもなくうらやましい、自分の顔写真をコラージュしたいような気持ちになります。

例によって日本の自称保守派、歪んだ嫌韓感情を剥き出しにした「ネトウヨ」の人々は、この作品を取り上げてギャーギャーと「発狂」していました。
こうしたネトウヨがいざユナを目の前にしたらどうなるかな、という妄想もしました。
ユナの美しさと気品にたじろいで、嫌韓の薄皮をあっさり剥がされてその下に隠れた熱い崇韓感情を爆発させてしまうかもしれません。
ユナにはアキヒトを含む皇族、政府関係者や自称保守派、有名ネトウヨ、日本国民全体を辱めるコラージュを遠慮なくどんどん製作してアップロードしてほしいですね。
そうしているうちに、ユナ個人の美しさを媒介して崇韓感情に目覚めてしまうネトウヨは多いのではないでしょうか。

SNSにアップロードされているユナの写真を見ると、とにかく賞嘆するしかない美しさです。
韓国崇拝者コリアン・ワーシッパーのマゾヒストとして、今後も日本を辱めるコラージュ作品がアップロードされることを願っています。
f9a25a05.jpg
60eb3bdc.jpg

eeee2fcc.jpg
39e3b0d7.jpg

8885cf82.jpg
d93339d5.jpg

↑このページのトップヘ